設計・施工事例

ARMS BASE

掲載日:2016年12月23日

この建物の1階が私たち株式会社ARMSの事務所です。お客様に喜んでいただけるアイデア・提案を日夜考えています。

2階から上は展示場となっています。それでは、展示場のこだわりをご紹介いたします。

間仕切りなしでつながるオープンなLDKの壁面には、造り付けられた約6mのワイドな収納家具。水平に連なる家具は奥行きがあり、LDKの広さを強調している。食器や日常の雑多な物を収納するだけでなく、パソコンや子供たちの勉強机までも設置される機能的な家具になっている。収納家具の色もキッチンに合わせ、シルバーにまとめ、部屋全体を明るくしている。オープンだからこそスッキリオシャレに暮らしたい。

料理好きの憧れキッチン

キッチンとダイニテーブルに壁面収納の高さを合わせることで収納家具の圧迫感をなくし、広く感じる上に、使い勝手も抜群。キッチンの脚元に合わせ、壁面収納にも脚をつけ浮かせることで、広く感じさせるだけでなく、ルンバも隅々まで走り、掃除も楽で衛生的。こだわりがママの強い味方になる。

デッキを中心とし、コの字に寝室・LDK・子供部屋を囲み、デッキとそれぞれの部屋のフロアの高さを同じにすることで、すべての部屋が一体となり実面積以上の広がりを得ることができる。デッキと室内がつながった空間に大きな開口部をとることで、差し込む光が心地よく、外との境界を曖昧にすることで、デッキは室内と同じようにくつろげる第二のリビングに。休日はこのデッキで朝食をとったり、友人とBBQをしたり、夜は夫婦で晩酌をしたり。デッキに持ち出したソファに身を預け、空を見上げる。そこには空の庭が広がる。

キッチンの前なので食事の持ち出しも簡単。利便性にも手を抜かないこだわりがある。

ロフトから見下ろすとデッキとLDK、子供部屋がつながり、居住空間が壁で守られている様子が分かる。デッキを中心に持ってくることで、どの部屋も明るく開放感があり、デッキの壁を高くすることでプライバシーが守られている。

リビングにあるカッコいい階段を上るとロフトへとつづき、天井の低いロフトから明るく開かれた外の展望デッキへ抜けることができる。展望デッキには庇のある廊下がつづき、外の窓からリビングを見下ろしながらその廊下を歩いていくと、その先には階段があり、2階のデッキへとつながる。全てがつながる回路は室内外をぐるぐる回ることができ、元気な子供たちを満足させるだけでなく、広がりをもたらいしている。

人通りの多い道路に面した外観は、一見、閉鎖的な建物に見える。しかし、風の流れや光の入り方を計算し設置されたそれぞれの窓は、風を導き、光を有効に取り入れる工夫がされており、守られた快適さは空間の質を上げる。